副院長ブログ

【歯のセラミック・ジルコニア・ インプラントで後悔しないための】治療計画について

こんにちは。

プリズムタワー工藤歯科の副院長の工藤有加です。

今日は、当院が大切にしている治療計画について書いていきたいと思います。

 

治療計画、なんて聞きなれない言葉かもしれませんが、

理想的な歯科治療には、治療計画は必須です。

 

歯科治療でお困りの方、お悩みの方が、これを読むことで、

なぜ、今まで受けた歯科治療がなぜ、再治療になっったり、

悩みの種になってしまうのか?がわかります。

 

治療計画のない歯科治療が、患者様の不利益になり得ること、

理想的な歯科治療には、治療計画が必須だということが理解できます。

 

それでは、説明していきますね!

 

 

1、理想的な歯科治療には治療計画が必須

理想的な歯科治療を行うためには、治療計画は必須だと考えています。

なぜかというと、治療計画のないその場しのぎの治療の繰り返しでは、

理想的な治療のゴールに辿り着かないからです。

 

例えば、他院の治療で、歯周病治療をおろそかにして、

被せ物を入れてあるのを拝見することがあります。

 

せっかく入れた白い被せ物も

歯周病をきちんと治してからでないと、

すぐに、歯茎からクラウンの境目が見えてきたりして、

美しいものではなくなってしまいます。

 

美しく機能的に長持ちする、理想的な歯科治療には、治療計画が必須なんです。

 

 

2、なぜ、当院で、治療計画を大切にしているか?

 

当院では、治療計画というものをとても大切にしています。

 

なぜ、治療計画が必要かとういと、

治療計画がないまま、その場限りの治療の繰り返しでは、

理想的な歯科治療のゴールに辿り着くまでに、

色々な無駄な歯を削ったり、

色々な歯を抜いたりすることになりかねないからです。

 

これまでも、多くの患者様が、他院で、

治療計画がないままの治療を受けて、

不利益な結果に悲しんでいるのを見てきました。

 

歯周病治療をしていないのに、

綺麗なジルコニアやセラミックのクラウンが入っている。

歯石や、歯周ポケットがそのままなのに、

この白い歯は最近入れたんです。

と言われる患者様、多いんです。

 

治療計画のないまま歯科治療を進めてしまうと、

理想的な歯科治療は行えません。

 

歯周病専門医指導医率いる、当院では、

治療計画を立ててから、歯科治療をすることを大切にし、

より、理想的な長期安定した、

長い間、笑顔で過ごせるような歯科治療を提供しています。

 

3、治療計画の項目

様々な口腔内外の精密な検査をした上で、治療計画を立てていきます。

治療計画は、治療が複雑になればばるほど、難しくなるので、その前の様々な検査がとても重要なんです。

治療計画のための様々な診査項目については、別の記事で書きました。

保険診療でできる診査項目と、自由診療の診査項目があります。

 

この様々な診査の上で治療計画を立てていきます。

治療計画の治療の項目としては、

・歯周基本治療

・虫歯治療

・根の治療

・仮歯

・再評価

・歯周外科治療

・矯正治療

・インプラント

・最終的な被せ物や入れ歯

などの、その患者様に必要な治療項目を、組み立てていきます。

その労力は・・・結構大きいです。

8時間〜20時間くらいかかることも。

資料をわかりやすく並べて、それに治療計画もわかりやすくまとめる、となると、

それくらい時間がかかっちゃうんですよね。

 

それでも、患者様にとって、良い歯科治療を行うためには、

治療計画が大切なので、

様々な診査をした後に、上記の項目を組み立てた治療計画を

患者様に説明させていただく時間を設けております。

 

 

4、治療計画を立てることで得られる患者様のメリット

理想的なゴールに行くまでに、どういった治療が必要なのか?

の、全体像を知ることができます。

なぜなら、理想的なゴールに行くまでの治療の道のりを一緒に確認するからです。

・自分の問題点は何か?

・現在の状況に至ってしまった原因は何か?

・原因を排除するために必要な治療は何か?

・問題点を解決するためにはどんな治療が必要なのか?

・今、全体的な歯科治療のどの段階なのか?

 

を、患者様も分かった上で、治療を受けるので、安心ですよね。

 

他の問題点を洗い出すことなく、その歯のみの欠損だけを見てインプラントを先行してしまうと、後でまた他の問題点が出てきた時に、そのインプラントの位置だと困ってしまうんだよね、っていうことも起こり得ます。

 

インプラントをする前に、お口の中全体の問題点も洗い出して、インプラントを入れる前に、

もしくは、一緒に解決してあげることが、治療後のお口の全体の安定につながります。

 

セラミックやジルコニアで被せることや、インプラント治療を先行することなく、

現在の問題点を把握し、確認し、原因を排除するような治療が含まれるので、

治療をしても、すぐにダメになるような治療を防ぐことができます。

 

治療計画があると、歯科医師の理想的なゴールに向かって必要な治療を内容の全貌を、

歯科医師の頭の中の歯科治療計画を、患者様も理解し、明確にすることができます。

 

歯にものを入れたり、インプラントを入れたりする治療を先行させることなく、

今まで悪くなった原因を排除するような治療をしていきます。

 

病気を治すことの方が大事だという認識を、歯科医師も患者様も

共通認識として治療を進めていくことができます。

 

患者様も納得した上で、歯科医師と一緒に理想的なゴールに向かって進んでいける。

それが、治療計画のメリットです。

 

5、まとめ

理想的な歯科治療に、治療計画は必須です。

 

なぜかというと、治療計画のない、治療の繰り返しでは、

理想的な治療のゴールに辿り着かないからです。

 

治療計画を立てるには、さまざまな診査を行い、

かなりの時間をかけて、組み立てていきます。

 

その治療計画に則って治療をしていくことで

自分が今の状況になってしまった原因を突き止め、

原因を排除するような治療を治療計画に組み込むことで、

再治療を防ぐことができます。

 

理想的なゴールを明確にして、

患者さんと一緒に歯科治療を進めていけるんです。

 

歯科医師の治療方針が明確に分かった上で治療を受けるのと

そうでないのとでは、

安心感や信頼感に雲泥の差があると思いませんか?

 

皆さんも、ジルコニアや、セラミックやインプラント、などの高額治療をする際は、

後で後悔しないよう、

治療計画を立てた上での歯科治療をお勧めいたします。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

  • このページのTOPへ戻る