副院長ブログ

【良い口コミに要注意!】近くの評判のいい歯医者の探し方 本気編

こんにちは。プリズムタワー工藤歯科の歯科医師の工藤有加です。

近くの評判の良い歯医者さんを探したい!

けど、どんな歯医者さんがいいの?

と悩んでいらっしゃる方、大勢いらっしゃると思います。

 

ネットの口コミ見て行ったけど・・・

〇〇さんがおすすめって言ったから・・・

っていう理由で選んでませんか?

それでうまく探せたらいいけど、

やっぱり違った。

他の歯科医院探したいけど・・・

なんだか色々ありすぎてよくわからない。

なんてお悩みの方に、一つの大切な歯科医院選びの基準を

お教えしていきます。

 

でも、本当に本気で、自分の口を治したい人用なので、

本気で、治したい人しか見ないでください。

 

この記事を読むと。

こんな探し方したことなかった!

っていう歯科医院の新たな探し方の知識が得られます!

 

1、なぜ、ネットの口コミは信じたらダメなのか?

ネットの口コミは真実もあると思いますが、100%真実ではなくなってきています。

なぜなら、その口コミは、誰が書いたかわからないものだから。

どんなふうに、その歯科医院にかかって、悪い口コミなのか?

本当に歯科医院でかかった人の口コミなのかどうかもわからない。

誰でも匿名で書けちゃいますからね。

 

それに、良い口コミばかりの歯科医院も、要注意です。

悪い口コミは、お金を出せば消せます。

そんな業者が存在するんです。

現に、当院にも、そういう営業の電話がかかってきました。

その場合、良い口コミも悪い口コミも、全部一旦消すんですって。

そして、評価4以上になるように再構築するんですって。

 

そうやって、口コミが4以上にコントロールできるなんて、ご存じでした?

皆さんそんな裏事情なんて知らないですよね。

 

コントロールされた口コミ見て、

一生懸命、ネットの口コミ見ながら歯科医院を探すのは、

あまり意味ないと思いませんか?

 

あと、人のお勧めの真実ですが、

その人にとって良い歯科医院でも、

あなたにとってのベストとは限りません。

 

そういう理由で、良い口コミは、半分くらい本当で、

半分くらい嘘もあるという認識で、

ちょうどいいと思います。

 

ネットの良い口コミを見て探すと、

良い歯科医院に巡り合う確率は少なくなります。

真実が見えてないまま、歯科医院を探しているのと同じです。

ネットの口コミは、信じすぎるのは危険です。

 

2、本気で治したいなら、日本歯周病学会歯周病専門医指導医を探せ!

 

日本歯周病学会専門医か、日本歯周病学会専門医指導医の時点で、

一般歯科の先生と、確実な差があると思って間違いないです。

 

本気で良い歯科治療を受けたいなら、

日本歯周病学会専門医か指導医の中から、

歯科医院を探すことで間違いないです。

 

なぜなら、歯周病専門医は、複数の教授陣で構成された、

専門医委員会で合格をもらった人しかなれないからです。

すなわち、歯周病専門医、指導医に合格しているということは、

複数人の大学教授からのお墨付き、ということなんです。

 

では、歯周病専門医、何を評価されてるか、というと、

•治療計画が理にかなったものか?

•根の治療(保険の範囲でもちゃんと出来てるかどうか)

•歯周病基本治療がちゃんと出来てるか?

•歯周病基本治療後の外科手術がちゃんと出来てるか?

•最終的な、補綴物(被せ物)のレベル(審美面、機能面)

•CR充填や、インレーなどがちゃんと出来てるかどうか?

 

上記の全てをクリアした人。

それも、10ケース、提出しなければなりません。

 

指導医になるには、合計18ケース提出して合格しなければ、

指導医になれません。

 

歯科医師、沢山いますが、歯周病専門医は100人に1人の割合、0.01%しかいません。

歯周病指導医は、1000人に一人の割合。0,001%しかいません。

 

なので、普通に口コミ見て探したって、出会わないのです。

本気で口を治したいなら、迷わず、歯周病専門医指導医を探しましょう!

 

早めに探したい人は、こ日本歯周病学会認定専門医指導医のリストのリンクを

下記に貼ったので、探してみてください。

 

日本歯周病学会指導医一覧

https://www.perio.jp/member/certification/group/guidance/

日本歯周病学会専門医一覧

https://www.perio.jp/member/certification/group/

 

もう少し読み進めたい方は安心して読み進めてください。

一番最後にも、日本歯周病学会歯周病専門医指導医の探し方の同じリンクを貼ってあります。

 

3、なぜ、日本歯周病学会専門医指導医がお勧めなのか?

色々な専門医あるけど、

なぜ、日本歯周病学会認定の専門医指導医が断然お勧めなのか?というと、

 

歯周病専門医は、厚生労働省が標榜を認めた、唯一の、一般歯科医だからです。

 

他の専門医で、厚生労働省が標榜を認めているものは、

・日本口腔外科学会 口腔外科専門医
・日本小児歯科学会 小児歯科専門医
・日本歯科麻酔学会 麻酔専門医
・日本歯周病学会歯周病専門医

です。

一般歯科で標榜が認められている物は、日本歯周病学会専門医だけなんです。

この厚労省に標榜が認められている専門医か否か、

というのは、大きな差があるのではないかと思っています。

 

厚生労働省が、専門医の広告について示していましたので、下記にリンク貼っておきますので、興味があれば開いて見てみてください。

PDFファイルの下半分に、歯科の広告について書いてあります。

https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000796781.pdf

 

4、日本歯周病学会専門医指導医は、日本の歯科界が良くなるよう、大きな責任を背負っている

日本歯周病学会専門医指導医は、学会から、認定医や専門医になりたい、

若手歯科医師の教育を任されています。

なぜなら、歯周病指導医、ということは、

超難関テストを突破した歯科医師なんです。

この人なら若手歯科医師の育成を任せて大丈夫だと

日本歯周病学会がそう認めた歯科医師だからです。

 

そして、「歯周病専門医指導医には、理念とあるべき像」

というのが定められています。

 

歯周病専門医の理念

 

・国民に安心安全な歯科医療を提供する

・チーム医療を実施する

・国民の口腔の健康と全身の健康増進に貢献する

・国民、行政、報道関係者、医療従事者に歯周病予防の啓発活動を行う

・常に最新の知識と技術を得て、生涯に渡り自己研修する

 

 

歯周病専門医のあるべき像

 

・専門医と認定医の育成と教育に責任ある指導を行う

・地域にも歯科医師会等でも、指導的立場で歯周病がくの推進を行う

 

お読みになった方は、歯周病指導医は、一般の歯科医師と比較して、

これだけのことを背負って、歯科診療に向き合っていることが

お分かりになっていただけたのではないか、と思います。

 

日本歯周病学会歯周病専門医指導医の院長を間近で見ていますが、

なるほど、その通りだなと感じます。

 

歯周病専門医・指導医は、一般歯科とは、背負っている責任の重みが違うんです。

5、上手な歯周病専門医のかかり方

①初診から専門医に診てもらいたい場合の上手な歯科医院のかかり方

 

初診から、専門医の先生に見てほしい場合、その旨を予約時に伝えると、

歯科医院側で予約時に考慮して予約を入れてくれると思います。

 

なぜなら、予約時の患者様の声は、専門医指導医に伝わるからです。

 

悩んでいる内容を予約時に伝えるとより、いいと思います。

•歯周病が重度だと言われて
•インプラントも視野に入れていて
•遠くから行くから
•とにかく信頼の出来る歯科医院を探していて

などなど、ちゃんと理由を伝えてください。

 

 

②初診では、歯周病専門医に診てもらえないこともある

日本歯周病専門医か、指導医の先生に是非、お願いしたい!

そう思って、電話で予約したけど、

行ったけど、初診は代診の先生で、専門医指導医の先生には見てもらえなかった・・・

っていうこと、起こります。

 

なぜなかというと、

初診で行っても、歯科医師が複数いる場合、

専門医指導医が、自由診療の治療で手一杯だったり、オペが入っている場合、

そちらの治療を優先する責任があるからです。

きちんと自由診療の料金をいただいた対価として、その分、

きちんとしたことをしなければならない責任があるからです。

 

だいたい、歯科医院には、ユニットは一台じゃなくて、複数台ありますよね。

特に、指導医の歯科医師の歯科医院には、

その指導医の先生から学びたいという有志のある歯科医師が門を叩いて就職します。

そういう歯科医師の先生方が、だいたい、代診の先生としていらっしゃる事が多いんです。

その先生も、普通の歯科医師よりは、勉強してるし、その先生からかなり厳しい指導を受けてます。

それは、目指しているものが普通の歯科医師の先生方と違うからです。

 

以上の理由から、専門医や、指導医のところにいっても、

歯科医師が複数人いる場合もあって、

必ずしも、専門医の先生が初診から見てくれるとは限らないです。

 

そうすると、初診から、専門医or指導医のお話が聞ける可能性が、ぐんと高くなります。

 

6、歯医者さん探しは本当に大切!

歯医者探しは、本当に大切です。

なぜかというと、お口の中の健康を維持することが、

全身の健康維持につながるからです。

 

遠くから通って下さる方もいらっしゃいます。

県をまたいで、新幹線で通院される方もいらっしゃいます。

遠くても、通う価値のある歯科医院はあります。

 

近くで良い医院があるのが一番良いのですが、

近くにない場合、

歯周病専門医か、専門医指導医の中から、通える範囲を広げて探すのも視野に入れると、選択肢は広がります。

歯周病専門医は、歯科医師100人に1人です。

指導医は、1,000人に1人。

 

近所の10件から探すのは、良い歯科医院あるといいのですが、

結構難しい事も多いんじゃないかな、と思います。

 

本気で自分の歯を治したいなら、日本歯周病学会指導医がベスト!ということがお分かりいただけたら、

日本歯周病学会指導医一覧リンクを貼っておきますので、近くの指導医をお探しすることをお勧めします。

日本歯周病学会指導医

https://www.perio.jp/member/certification/group/guidance/

日本歯周病学会専門医指導医

https://www.perio.jp/member/certification/group/

 

日本歯周病学会専門医や指導医の中にも、技術差や、考え方の違いはあります。

 

それでも、日本歯周病学会専門医の時点で、厳しい試験をパスし、

ある一定の基準を満たしているので、

口コミを一生懸命見て探すより、良い歯科治療を受けれる確率は上がる、

ということをお伝えしておきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • このページのTOPへ戻る